HOME > 山荘のご案内 > 山荘の歴史

五色ヶ原山荘の歴史

昭和
33年
昭和33年、五色ヶ原にふたつ目の山小屋、五色ヶ原山荘が建設された。建築資材はすべて歩荷さんが運んだ。当初は32坪一部二階建て。30人でいっぱいになる小さな山小屋は登山者から「マッチ箱」とよばれ親しまれる。初代主人は志鷹静太郎と妻、花野。食糧難のため、宿泊客は米や味噌を持参した時代だった。
昭和
30年代
3年後の昭和36年、約50坪に増築。さらに3年後の昭和39年、静太郎の長男央元と妻京子が跡を継いだ。若夫婦にとって試練の多い山小屋の仕事も夫婦の絆で乗りこえてきた。背中の赤ん坊は長男昌彦。 山のガイドをする央元。
昭和
40年代
前半
天気の良い日は屋根で布団干し。
昭和40年、約100坪に増築。2階の大広間「しゃくなげ」には大勢の登山者が雑魚寝した。1階の端には小さな三角部屋の「くろゆり」があった。あざみの天ぷらにランプの灯りは質素だが心のこもった山小屋のもてなし。
手前は長男の昌彦。
昭和
40年代
後半
子供達は夏休みを山小屋で過ごした。中央は次男の祐亨、左は長女の久代。いとこ達も一緒に過ごし、原っぱには子供達の声がこだました。 古き良き時代の家族とアルバイト。
昭和
40年代
後半
通信手段は無線機(トランシーバー)。
鷲岳の裏側から芦峅寺と交信。
客足がない秋の日の夕方は夫婦で散歩に。
昭和
50年代
五色ヶ原の水でつくるとうふは京子の発案。
毎夕食に手づくりのとうふが食べられる。
秋の寒い日は湯豆腐にして。
昭和54年、全面改築され約150坪、総二階建に。明るく広々とした印象は、主人がつくりだす雰囲気にも通じる。
平成

現在
平成元年からは歴史ある五色ヶ原ヒュッテの経営をひきついだ。現在は長男昌彦(左から3人目)と妻裕子(右から2人目)も経営に加わり、五色ヶ原の自然環境保護という新しい課題にも取り組んでいる。
手前の子供は孫の拓哉(左)と哲哉(右)。