HOME > 五色ヶ原とは > わたし達がご案内します

わたし達(2011年アルバイト)が五色ヶ原までの道のりをご案内します

 2011年夏、これまで高い山にほとんど登ったことがない私達2人が、なんと北アルプスの雲上のお花畑である五色ヶ原で長期アルバイト!
これから、五色ヶ原までの道のりをご案内します。


 新宿から夜行バスに乗って、着いたところは標高2500mの室堂、ここから一ノ越まで整備された登山道をゆっくりと登ります。


 長期のアルバイトなので、結構荷物が重くなってしまった。


 一ノ越は立山(雄山)へ登る登山者が多いですが、浄土山の方に向かうと静かな登山が楽しめます。後ろは立山(雄山)です。


 浄土山へはひたすら登りです。


 浄土山にある富山大学の旧研究所です。


 浄土山から、これから向かう五色ヶ原が初めて見えました。あそこです!雪がまだまだたくさんあります。


 浄土山から、五色をめざして岩場を下ります。


 結構急な所もありますが、三点確保で慎重に下れば問題ありません。


 下ったと思ったらまた登り、雪渓と思ったら岩場、変化に富んだ縦走コースです。


 鬼岳東面というところで振り返って見ると、結構険しい龍王岳というところを巻いて降りてきたんだぁ。


 鬼岳の雪渓を下ります。ゆっくり慎重に降りればアイゼンも要りませんでした。


 雪渓も山小屋の人がカットしてくれているので、とても歩きやすいです。


 振り返って見ると結構大きな雪渓でした。


 もうひとつ雪渓を渡って、次に目指すは獅子岳です。五色ヶ原はあの向こうだそうです。


 お花畑の中の木道を歩き獅子岳に向かいます。

  
 かわいい高山植物を見ていると疲れを忘れます。


 獅子岳頂上でお弁当!振り返って見ると険しい山々を越えてきました。


 獅子岳の頂上からあんなに遠く黒部湖が見えます。結構登ってきました。


 獅子岳からは、めざす五色ヶ原は目前です。でも、この間にはザラ峠があります。


 さあ、ザラ峠までゆっくり、ゆっくり!


 こんなハシゴもありますが、がっしりしていて安心できます。


 ザラ峠に着いたらガスがかかってきました。


 ここでひと休み。あと五色まではひと登り!


 大地に上がったと思ったら、木道が出てきて、その先にはめざす五色ヶ原山荘が見えてきました。


 到着!まだまだ元気です。


 さっそく夕食の準備。これから一カ月ほどがんばります!